【フォニックス】フォニックスまとめ

フォニックスに関する情報はココで!

フォニックスに少しでも興味をお持ちの方は、ぜひこのページを読んでみてください。

「フォニックスってなに?」「フォニックスを子どもに学ばせたいけど、なにから始めればいいの?」という疑問にお答えします。


フォニックスとは?

フォニックス(Phonics)英語の文字(アルファベット)と発音の関係性を表したルールのことです。

日本語のひらがなは文字と音の関係が「一対一対応」。しかし英語の場合はそうではありません。

文字の組み合わせによって発音が変わるものや、発音されない文字もあるのでフォニックスで文字の読み方、発音のルールを学ぼうということです。

【フォニックス】フォニックスってなに?

フォニックス学習はなぜ必要なの?

ずばり、英語の音を聞き取る耳を作るためです。

英語は、さまざまな歴史的背景から、単語のスペルと発音の対応関係が非常にいい加減な言語だと言われ、英語圏のネイティブスピーカーですら文字の読み方に苦労します。日本語を母語とする我々は尚更です。

英語を聞き取る耳を作るためには日本語には無い英語の音を後天的に学び、発音できるようになる必要があります。

なぜか?

自分で発音できる音は聞き取ることができますが、自分で発音できない音は聞き取ることができないからです。

フォニックスで後天的に正しい英語の音を学ぶことで、英語を聞き取る耳を作る基礎になります。

【フォニックス】フォニックス学習は必要?

フォニックス学習法

どういうステップで学んでいくの?

幼児〜

まだ文字の読み書きにあまり慣れていない段階であれば、いきなりテキストを使いながらの学習はあまりおすすめしません。

この段階では「英語の音を知る」ことにフォーカスを当てるのが良いでしょう。

音源付きの英語の絵本を読み聞かせたり、一緒に音読していくことで日本語にはない、英語の音を知る機会をどんどん作ってあげましょう。

子どもの年齢が低ければ低いほど、動画を使って、体を動かしながら学ぶスタイルがおすすめです。

小学生〜

小学生であれば、文字の読み書きに慣れているのでテキストを使いながらの学習もいいでしょう。

まずはフォニックスの基本を体系的に学習しましょう。

幼児期に絵本の読み聞かせや一緒に音読していた場合も、テキストを使いながら知識の整理をしていくのが良いでしょう。

あれこれと様々な教材には手を出すのではなく、一つこれと決めた教材のシリーズを完結させましょう。

ある程度、英語の音に慣れてきたら音源付きのフォニックスシリーズの絵本や多読のシリーズ本を使いながら、知識のアウトプットをしていくようにしましょう。

「英語の文字、単語、文が読める!」という自信を持つことは次の学習への意欲になります。もっと字を読んでみよう、もっと本を読んでみよう、と自分で学ぶ姿勢を作るためにも、子どもが字を読んだらちゃんと褒めてあげましょう。

サイトワーズも忘れずに

【フォニックス】サイトワーズ(Sight Words)ってなに?

フォニックスを学習しながらサイトワーズも学んでいくことで、読める単語の数がグンと増えます。

何を用意したらいいの?

家庭でのフォニックス学習には、必ずCDやDVD、YouTubeの動画などで音源が確保できるものを選びましょう。

フォニックスが学べる絵本

【おすすめ】フォニックスが学べる絵本
  • Fox in Socks (by Dr. Seuss)
  • Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (by Eric Carle)
  • First Little Readersシリーズ(スカラスティック)

この中でも特にDr. Seussの絵本シリーズはおすすめです。英語の韻をふんだリズミカルな文体で、音読していてもとても楽しい気分になります。

とても有名なシリーズなので、YouTubeで「Dr.Seuss」で検索すると動画も多数ヒットします。

フォニックスのコースブック

【おすすめ】フォニックスのコースブック
  • Speed Phonics (e-future)
  • Oxford Phonics World (Oxford University Press)

シリーズを完結させることで、フォニックスを体系的に学ぶことができます。

テキストを使いながらの学習は小学生からがおすすめです。

【フォニックス】おすすめ教材|Speed Phonics

効果的な使い方は?

【フォニックス】Speed Phonicsの使い方

どこで買えるの?

このサイトでは基本的にネット環境があれば手に入るものをおすすめしています。

大型書店はもちろん、Amazon、その他おすすめのネットショップで手に入れることができますよ。

【保存版】英語の教材を探すならココ!おすすめサイトまとめ

Amazonで買うなら