【おうち英語】子どもの語彙数を増やすためには?

語彙を増やすためにはPicture Dictionary(ピクチャーディクショナリー)がおすすめです。

子どもにピクチャーディクショナリーを持たせたいけど、どれがいいの?という悩みをお持ちの方はぜひご覧ください。

知っている単語を増やす

母語の場合

子どもが母語を習得していく場合、「状況」と「単語」は日常生活の中でランダムに対応づけられていきます。

単語を覚えていく順番は「自分にとって必要なもの」順になります。

母語の習得

外国語の場合

日本で英語を外国語または第2言語として習得する場合を考えましょう。

身近に英語のネイティブスピーカーがいて、日常的に逐一英語での表現を教えてもらえる環境にあるのならば、上記の母語の場合と同じように身につけることは可能でしょう。

しかし、そういったような環境でもない限り、外国語である英語を母語のように身につけるというのは無理です。

どれだけ家庭で英語だけで会話をしていたとしても、日本で生活をしている限り家から一歩出れば日本語で溢れています。

じゃあ、どうやって英語の単語を習得していくのか?

「状況」と「単語」を対応づけて覚えるのが一番効果的です。

そのような環境を無理矢理つくる必要があります。

ピクチャーディクショナリーがおすすめ

「状況」と「単語」を対応づけ、繰り返し反復できるツールピクチャーディクショナリーです。

ピクチャーディクショナリーってなに?

ピクチャーディクショナリーとは、イラストと単語が書かれている絵本のような教材です。

簡単に「状況」と「単語」を対応づけることができ、何度も反復して習得することができます。

収録語彙数など様々なレベルがあるので、子どもだけでなく大人も利用して楽しく学ぶことができます。

普通の単語帳ではダメ?

いわゆる「日本語の単語」と「英語の単語」が対応づけられている単語帳ではダメでしょうか?

資格試験や入試などの試験対策には一般的な日本の単語帳を利用するほうが効率的で有効と言えるかもしれません。

しかし、どうしても文字ベースでの記憶に頼ってしまうので、長く記憶するということにはあまり向いていないよう思います。

また、コミュニケーションでの場面を考えたとき、「日本語の文字」を挟まなくては思い出せずスピードも遅くなります。

おすすめのピクチャーディクショナリーは?

別の記事でまとめております。

ぜひご参照ください。

【おうち英語】レベル別|おすすめピクチャーディクショナリー

まとめ

まとめ