【フォニックス】フォニックスってなに?

フォニックス(Phonics)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近色々なところで耳にするようになりました。

フォニックス学習を推す英語塾も多いですね。

ところでフォニックス(Phonics)とは何なのでしょうか?そして何のために必要なんでしょう?

「あ〜あれね、聞いたことあるよ」程度に知っている教師は多いですが、ちゃんと説明できないひとは意外と多いのです。

フォニックス(Phonics)とは?

phonics - フォニックス 初歩的つづり文字と発音の関係を教える教科

The WISDOM English Japanese Dictionar
フォニックスとは英語の文字(アルファベット)と発音の関係性を表したルールのことです。

文字と音の対応関係って?

わかりやすく、日本語と英語を比べてみましょう。

文字と音の対応関係

日本語の文字「ひらがな」と英語の文字「アルファベット」を比べてみましょう。

文字と音との対応関係

ひらがな(日本語の文字)は、文字と音が一対一対応。

一方、アルファベット(英語の文字)は必ずしもそうではありません。アルファベットによって持っている音の数が違います。

日本語の場合、ひらがなの文字の音通りに発音すればよいですが、英語はアルファベットの文字の組み合わせによって発音が変わったり、発音されない音などもあります。

英語は、さまざまな歴史的背景から、単語のスペルと発音の対応関係が非常にいい加減な言語だと言われ、英語圏のネイティブスピーカーですら文字の読み方に苦労します。

なので読み方にルールを作ろう!→そしてできたのがフォニックスのルールというわけです。

アルファベット"A"の発音は [éi] ではない?

アルファベットをフォニックス読みしてみるとどうなるでしょうか?

アルファベット読みとフォニックス読み
フォニックス読みとは、アルファベットの各文字に代表的な音を対応させたものです。

勿論、この表にあるだけがすべてのルールではありませんが、基本的にはここの読み方の学習からフォニックス読みの学習は始まります。

アルファベットABCの歌は歌ったことがあるでしょうか?

リズムに合わせて"エィ、ビー、スィー♪"と楽しく歌っていたのは、実はアルファベットの文字の名前を唱えていただけなんですね。

アルファベットの文字の名前を覚えることは当然必要ですが、それだけでは単語は読めるようにはならないというのはお分かりいただけたのではないかと思います。

英語の読み方、発音のルールを別に学ばなくてはいけないということですね。

フォニックスのルール

ここではフォニックスのルールにはどういうものがあるかを簡単にまとめました。

フォニックスのルールはテキスト、人によってカテゴリー分けが異なることがあります。結局は切り口が違うだけで中身は変わらないので、そこまでこだわらなくてもいいかと思います。

フォニックスのルール(一部)

当然これだけではありません。R-Controlled Vowels(Rのついた母音)やSilent Letters(読まれない文字)など他にも色々とあります。

フォニックス読みルールを覚えれば完璧?

残念ながら、そうではありません。

前述したとおり、英語は歴史的背景から文字と発音の対応関係が非常にいい加減な言語です。

当然、フォニックス読みのルールの例外の発音をする単語はたくさんあります。

なので使用頻度の高い単語で例外の読み方をするものは覚えていくしかありません。

サイトワーズ(Sight Words)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

サイトワーズとは「サイト=視覚(Sight)で覚えていくしかない単語」。

フォニックス読みのルールとともに、サイトワーズも学んでいくことで読める単語の数がぐっと増えます。

サイトワーズについて詳しくはコチラをどうぞ。

【フォニックス】サイトワーズ(Sight Words)ってなに?

まとめ

まとめ