どうして英語を学ぶのか?ーあらゆる可能性を広げるツール

現在世界の総人口は約78億人。(国連World Population Prospects 2019)

英語が使えるようになると、一体どれくらいの数の人とコミュニケーションを取ることができるのでしょうか?

学校の先生や保護者の方の中には「なんで英語なの?なんで英語が大事なの?」と子どもに聞かれた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。英語が使えるようになったら…の先の将来を見せることは子どものモチベーションを保つのに大切なことですよね。今回は世界の英語話者についてのお話です。

世界の英語話者の人口は?

英語話者は世界にどれくらいいると思いますか?想像してみてください。

正解はおよそ12億6800万人!つまり単純計算で、英語が使えれば、世界の総人口の6分の1とコミュニケーションがとれる計算になります。世界中の人と6人に1人の割合で話ができるということです。

毎年「世界の言語別話者総人口リスト」を発行している団体Ethnologueによると、言語別の話者総人口ランキング(2020)は以下のとおり。

世界の言語別話者総人口ランキング(うち、その言語を母語とする人口)
  1. 英語:12億6800万人(3億7900万人)
  2. 中国語【マンダリン】:11億2000万人(9億2150万人)
  3. ヒンディー語:6億3700万人(3億4200万人)
  4. スペイン語:5億3800万人(4億6300万人)
  5. フランス語:2億7700万人(7730万人)
  6. アラビア語【標準】:2億7400万人(ー)
  7. ベンガル語:2億6500万人(2億2850万人)
  8. ロシア語:2億6500万人(1億5360万人)
  9. ポルトガル語:2億5200万人(2億2790万人)
  10. インドネシア語:1億9900万人(4360万人)

()内の人口は、「その言語を母語とする人の数(2019時点)」を表しています。

英語を例に取ると、世界の英語話者人口12億6800万人のうち、3億7900万人が英語を母語(第一言語)とする人の数になります。

英語を外国語(第二言語)として話す人口の多さがよく分かりますね。それだけ世界中の人が、英語がコミュニケーションツールであるという認識を持っているということの現れだと思います。

世界の日本語話者の人口は?

さて、では日本語話者の人口についてはどうでしょう?世界には日本語話者はどれくらいいるのでしょうか。

Ethnologue(2019)によれば、世界の日本語話者人口は1億2640万人だそう。話者数のランキングでいうと世界13位です。

そのうち、日本語を母語とする話者の人口は1億2620万人。日本の人口です。

これってどういうことか分かりますか?

日本語を外国語(第二言語)として話す人は、世界にたった20万人しかいないということです。

つまり、日本以外にいる世界の人々のうちのたった20万人としか日本語でコミュニケーションをとることができない、ということ。

20万人って、東京でいうと台東区、近畿でいうと伊丹市の人口です。世界規模の人口で考えるととっても少ないですよね。

さらに、日本の人口は減少傾向にあり、2050年には人口は1億人を割って9900万人、2060年には9000万人を割り込むと予測されています。

ということは、日本国内における日本語話者も減少します。

参考 将来推計人口でみる50年後の日本内閣府

外国の日本語話者人口が突然急増するということも考えにくいでしょうし、人口増加と経済成長は大きく関係するというので、日本の経済市場も今後ますます縮小していくのかなとも思います。

現在子どもである彼らが将来生きていくためにも、日本語以外にほかの言語ができることは今以上に必要となることでしょう。

世界の本でよく使われる言語は?

世界では年間にどれくらいの本が出版されていると思いますか?

UNESCOによると、本の出版数統計は、その国の生活水準、教育水準、自己認識の程度をはかるのに重要な指標だそうです。

こちらのデータ「年間に出版される本の数(国別)」によると、世界中の様々な国で出版される本の合計冊数は年間約221万冊

そのうち日本で出版される本は、約14万冊(2017データ)。221万冊のうちの14万冊ですから、世界中で出版される本の約6%に当たります。

英語で出版される本に関してはどうでしょうか?英語が第一言語となっている国の出版本冊数を合計して計算してみると、全体の約25%。インターネットで使われる言語と似た割合になりました。

日本語で読める本の冊数は全体の約6%、英語で読める本の冊数は全体の約25%。

国別の出版冊数のデータが、国によって年度が違ったりするので、必ずしも正確では無いかもしれませんが、英語圏の国で出版される本の冊数が世界で一番多いということはお分かりいただけると思います。

インターネットでよく使われる言語は?

いまやインターネットは情報収集に欠かせないツールの一つ。そのインターネットで使われる言語のランキングはどうでしょうか。

Internet World Stasによると、10の言語が全体の4分の3を占めているそうです。

参考 Top Ten Internet Language in The WorldInternet World Stas
インターネットで使われる言語 TOP 10
  1. 英語(25.9%)
  2. 中国語(19.4%)
  3. スペイン語(7.9%)
  4. アラビア語(5.2%)
  5. インドネシア語(4.3%)
  6. ポルトガル語(3.7%)
  7. フランス語(3.3%)
  8. 日本語(2.6%)
  9. ロシア語(2.5%)
  10. ドイツ語(2.0%)
  11. その他の複数言語(23.1%)

全体の約4分の1を英語が占めるんですね。私自身もなにか情報を探したいときに、日本語で検索してもピンとくるものがなければ英語でも検索し、その検索結果の数の違いに驚くことが多々ありますが、納得です。

まとめ

「なんで英語なの?」という質問に対して、ここまで話してあげたら納得してくれる子どもは多いです。もちろんもう少し噛み砕いて説明はしますが。

小学生だからといって、ふわっとした説明をするより、現実的な話をしてやる方が理解して納得してくれます。

日本語も話せて、英語も話せたら、世界の人口の約14億人とコミュニケーションを取ることができる

日本語で書かれた本も読めて、英語で書かれた本も読めたら、世界の本の約30%を読むことができる

これは結果的に将来生きていく道の選択肢を増やすことに繋がります。使える言語が増えれば尚更ですね。

生活する場所が日本以外でも良いかもしれないし、ビジネスの相手が日本以外にも広がる。自分が知りたい情報が日本語だけでなく、他の言語からも得られる。

言語を学ぶ一番の目的は、人生の選択肢を増やすことだと私は考えています。

参考文献